セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(231日目)陰占と陽占の関係その3

算命学10分レッスン(231日目)陰占と陽占の関係その3

 

2、乙の器に入った貫索星(日干が乙)

乙の器に入った貫索星は、親しくしていても心の中が読めない人で、頑固さや自我心があるのかないのかがはっきりしない人です。

世渡りがうまく、他人の意見を良く聞き、自己の意見を抑えてそれに迎合するかのように見えて、結局は人の意見に左右されず、自分の信念に沿って、人を自分のペースに巻き込んでしまうような人です。

 

次回は、丙の器に入った貫索星です。

2014-03-26 創喜