鑑定士

真理(まり)先生

算命学を学び始めたきっかけは、自分を占ってもらった時の鑑定の確実性に感心したことでした。

算命学は自然の理にならった法則のもとに生み出されています。

その理の元、自分の生まれた月日によって、人生の宿命を割り出せることに、宇宙の神秘を感じずにはいられません。

算命学には数々の占技があります。陰占・陽占・宇宙盤・位相法・大運・年運…。

自分はどんな特徴を持って生まれてきたのか、考え方や行動にはどんな特徴があるのか。

恋愛や結婚はどのように進んでいくのか、親や子供との関係など。

それぞれの占技を使うことによって、人生においての様々なことがわかります。

また、大運や年運など、後天運を鑑定すれば人生の進み方が見えてきます。

今は結婚や転職、転居には適した時期なのか、新しく事業を始めるに当たって適した年はいつなのか。

人生の進み方にはサイクルがあります。

今は新しいことを始めずに、じっと受身で過ごした方が良い時や、転職をすると周りの人に自分の実力がよく認められる年がわかるのです。

算命学の後天運は人生においての地図の様な物です。目的地に向かって行く過程で、この先には山があるのか谷があるのか、それともオアシスがあるのか。

それを知るか、知らないかでは人生の進み具合がずいぶんと違った形になってきます。

創喜塾で学んだ知識を用いて、ご自分がお持ちになる宿命をお知らせ致します。

それを知ることによって、皆様がより良い人生を送られるよう心をこめて鑑定致します。

鑑定を受けた後は、自分の人生が少し違ったものに見えるかもしれません。