鑑定士

凛木(りんご)先生

******************

あなたがあなたらしく生きるために。

あなたの星を輝かせましょう。

******************

算命学鑑定士 凛木 です。

わたしたちには皆、持って生まれた才能の星があります。

他の誰かになるために自分に無いものを求めて自身をすり減らすのではなく、自分を理解し、自分の才能を磨く方が幸せへの近道となります。

算命学鑑定であなたが輝かせるべき星を算出し、【幸せへの道筋】を見つけることができます。

算命学は、あなたがまだ知らないあなたを教えてくれるのです。

《自己紹介》

幼少期より人との関わり方がヘタで両親きょうだいとも理解しあえず、心を開ける友だちも作れないまま存在感の無い後ろ向きな大人に成長しました。

それでも若いころは需要があり一度は結婚できましたが、初めての妊娠出産の頃から夫との折り合いが悪くなり、本音で語り合えないまま罵り合う日が続き、やがて夫婦仲は破綻し離婚しました。

このことで深く傷ついたのと同時に、『このままじゃ誰とも理解しあえないまま、ひとり寂しく人生が終わってしまう…』という危機感焦燥感にかられ、生き方を変えるべく著名な先生方の下で心理学を学びはじめました。

しかし『こんなわたしではダメだから変わらないと』という自己否定を前提とした学びだったため、数多のセッション・カウンセリングを受けても人付き合いへの苦手意識、そして生き辛さは解消できませんでした。

そんな中、占い全般を信じていなかったのになぜか気になった【算命学】の鑑定をうけたところ、マイナスでダメだと思っていた部分も《実は天がわたしに与えたギフトで、わたしを彩る大切な要素なんだ》と受け入れることができたんです。

そこから算命学を夢中で学び、自分で自分の命式が読めるようになると『世間の平均や常識に合わせるのでなく、わたしの個性をわたしが受け入れ 認めることが、わたしの幸せに繋がる』とも理解できました。

他の何者になるのではなく、《わたしはわたし》として生き、《わたしに与えられた才能》を生かしていけば良い。

という考え方にシフトできたとき、とっても気持ちが楽になり、肩の力がフッと抜けるのを感じました。

「人と上手く関われなくてもいいや」という気持ちで接するようになってから、心地良い距離感で心情を語れる友人もできました^^

離婚歴があることを恥ずかしいと思っていましたが、算命学でみるとわたしには命式的に二度結婚する宿命があると知り、新しい出会いを楽しみにする
気持ちの余裕もできました。(ちなみに、良い出会いがありそうなのが2020年オリンピックイヤーです^^)

また、算命学を学ぶと子どもの本質もみられるようになるので、『我が子本来の成長を阻害しない子育て』にも役に立ちます。

そして何より自分に与えられた才能を生かせる【算命学鑑定士】として活動できるようになり、自分に自信を持てるようになりました^^

算命学鑑定があなたを幸せにするわけではありません。

しかし、算命学鑑定から、あなたなりの幸せへの道筋を知ることはできます。

内面も外側の生活も人間関係もあなた自身の力で豊かになる為に。

あなたが今生の人生で輝かせるべき星を一緒に見つけましょう。