セラファム創喜の算命学ブログ

ついつい無駄遣いをする人って、どんな人。

算命学には、害法(がいほう)という理論があります。

人の身体は宇宙のエネルギーそのもので出来ていますので、そのエネルギーが自然の気の流れを阻害するような性質を持っていると、現実社会でいろいろと不具合なことが起こります。

その中の一つに、亥申(いさる)の害というのがあり、このエネルギーが無駄遣いの大本なのです。

亥申の害を体内に持っているひとは、現実の生活の中では、「断れない」という現象になって現れます。

お店に行って店員さんに勧められると、欲しくも無いのに断りきれずに買ってしまったり、訪問販売の餌食になったりしてしまいます。

小さなお金で済むうちは良いのですが、大金を盗まれたり落としたりしやすいという事態も起こります。

じゃあ、こんなエネルギーを持って生まれた人は、どうすれば良いのか。

残念ながら直せません。対処法としては、不測の出費を出来るだけ少なく抑えるように努力することぐらいです。

カードで買い物をしない。必要以上のお金を持ち歩かない。お店に行った時には、あまり商品を褒めすぎない。

ただし、小さな無駄遣いは、あなたの健康を守っているのも事実です。

算命学では、この害を持った人は、水分の吸収が悪いので、肌が荒れたり急にふけたりしやすいと言います。

ですから、お金の無駄遣いという現象に留まっているなら、良しとしましょう。

いつも無駄遣いを後悔しているあなた。それがあなたの健康法かもしれませんよ。

2012-02-26 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です