セラファム創喜の算命学ブログ

野田首相は、庶民の苦しさがわからない典型的な人。

野田さんを形成している宇宙エネルギー(算命学でいう陰占命式)は、見事に宇宙のエネルギーの流れと一致しています。これを融合していると言います。前に書きました亥申(いさる)の害は、宇宙の流れと相反するエネルギーですから、これを内部エネルギーに持つ人は、人生が少しギクシャクして生き難いのですが、野田さんのような融合条件しか持たない人は、人生の生き難さを本当の意味で理解できません。何となく上手に人生の波に乗っているからです。そのため、自分自身の信念というものがありません。ですから、役人の言うまま増税にひた走り、沖縄を説得したりするのです。庶民の苦しさがわからないまま、日本を救うのは増税のみという財務省役人の誘導にまんまと乗っかり、「日本を救えるのは自分だけだ」というおかしなヒロイズムに浸って、自己陶酔している彼の心の中が透けて見えます。

一方、算命学で見ると、5月に強く9月に弱い小沢さんは、5月頃出る判決は無罪でしょうが、総選挙が9月にあるとしたらまた負けてしまうでしょう。

野田さんは、「天庫星(てんこせい)」という星を持っていますので、政局になってもしぶとく粘り、なかなか総選挙はしません。

庶民の痛みを理解しない首相の下、日本政治はいったいどうなるのでしょうか。

次回は、橋下大阪市長を算命学的に評価してみようと思います。

お楽しみに。

 

2012-02-27 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です