セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(7日目)

算命学10分レッスン(7日目)

 

・陰占命式表日柱『甲子』の人

私が監修する占いサイト「教えてマイエッセンス」を見ていただけましたか。

サイトでキャラクターが甲子と決まったあなた。

甲は陽の木質なので、大木を表し、子は陽の水質で大きな水の塊りを意味しています。

これを自然界に置き換えると、あなたのエネルギーの本質が見えてきます。

青い空、青い海の海岸に立つ、大きなヤシの木を思い浮かべてください。

いつもは穏かな情景の中にすっくと立ち上がっているヤシの木ですが、一旦海が荒れたりして強い波が押し寄せると、足元の砂が洗われ流されてしまいます。

一部の根をむき出しにした状態で、踏ん張り頑張っているヤシの木光景は、写真などでもお馴染みですね。

これ以上足元の土(砂)が流されれば、立派なヤシの木は倒れてしまいます。

つまり、あなたを自然界に例えると、水辺で衰弱している木なのです。

この木が倒れ(早死)ないようにするために、どうしたら良いか。

算命学はちゃんと答えを用意してくれています。

もっとしっかりと土の中に根を張るか、むき出しになった根に土を盛って強化してやるかのどちらかの対策を施してやる必要があるのです。

つまり、根は木質ですから、木質のエネルギーを強化するか、土質のエネルギーを強化するかのどちらかが改善策ということになります。

人と自然は一体のものなので、自然のエネルギー(宇宙のエネルギーの法則)を目に見えるように記号化したお陰で、我々は己を知り、運命を改善することが出来るようになったのです。

次回は、乙丑についてレッスンします。

 

2012-07-23 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です