セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(10日目)

算命学10分レッスン(10日目)

『丁卯』を自然界に例えると、『香木(こうぼく』と言い、天干の小さな日「丁」に燻されている香木(陰の木質卯)の様子を表しています。

この干支を日柱に持つあなたの本質は、下記のようになります。

あなたは何にでも気遣いをする人で、細かいところまで良く気がつきます。

事を起こそうとする時も、熟慮の上に熟慮を重ね、神経質なほど考え抜いてから行動を起こすので、他人から見ればじれったく、ぐずぐずしているように見えます。

しかし、動き始める時は、自分の理想やロマンがその原動力となるので、結果を恐れない勇気と、大胆な行動力に迫力を伴います。

何もしていないように見える時でも、心の中では常にロマンや理想を追い求めているため、心が休んでいることがありません。

親や肉親を思うやさしい気持ちが強いのですが、情に流されないで自由に生きたほうが、成功するでしょう。

若い時は、比較的平穏に過ごせるかもしれませんが、人生の後半には波乱が起こりそうですから、中年期に改善策を講じておくと良いでしょう。

自然界から与えられたエネルギーのまま生きて行くと、かなり浮き沈みの激しい人生になりそうです。

 

2012-08-03 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です