セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(23日目)

算命学10分レッスン(23日目)

干支番号 17番 庚辰

 

庚辰は自然界に例え、「水路将軍」と呼ばれています。

水は戌・亥の方角から辰巳の方角に流れ下ります。

庚の方角は西であり、陽の金質ですから、武力、すなわち戦いの神であると見られます。庚の下にある辰は、水が流れ大海に注ぐところに位置しますので、水路将軍と言うのです。

この日柱を持つ人は、天真爛漫な性格で、物事をあまり深く考えません。

自分勝手で無神経と感じる人もいれば、小さなことにこだわらない、心が大きな人と感じる人もいます。

ざっくばらんで、我慢することが嫌い。その時々、自分だけが楽しければ良いというところがあります。

勝手きままで礼儀をわきまえない、困った人です。

そのような性格なので、普通に暮して行くのには適さず、変化に富んだ生き方が向いています。

言い換えれば、社会が混乱している時に活躍できる人なのです。(今がチャンスの時)

活躍の場が大きければ大きいほど、ファイトを燃やし立ち向かって行きますが、平穏な環境で活躍の場が小さくなると、やる気が失せ生き甲斐を失ってしまします。

 

庚戌の人で、自分がどうも決断力に欠けるとか、運が上がらないと感じている人は、改善が必要です。

 

2012-10-10 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です