セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(26日目)

算命学10分レッスン(26日目)

干支番号20番 癸未・・・キスイのヒツジ

 

癸未を自然界に例えますと、弱い水の流れ(癸)が、乾ききった土の上に流れ込み、またたく間に土の中に吸い込まれて行く形です。

水が尽きると運勢が下がるとみますので、注ぐ水を確保することが急務です。

見かけは純粋で単純、温和で人当たりの良い人ですが、内には激しい闘志を秘めています。

そして、時々その激しさが現れると、物事の白黒をはっきりつけないではいられない気持ちになり、自分でも気付かないうちに、しつこい口調で相手に迫ったりしてしまいます。

その結果、自分ではその気も無く、気付いてもいないのに相手を傷つけていることもあります。

人が良いことから異性関係も多くなり、特に結婚後には自分も気付かないうちに、トラブルに巻き込まれたりしますので、注意が必要です。

家系の流を受け継ぐ宿命ですから、長男・長女の役割を果たす人生になります。

人生においての最大の難関は、結婚の相手を決める時期にやってきます。

結婚したい人から相手にされず、嫌いな人から結婚を望まれたり、また、何らかの理由(家業を継ぐなど)で不本意ながら結婚をするはめになったりします。

変身がうまく、どんなことにも抵抗も違和感もなく溶け込んでいけるので、多芸多才となりますが、その場合は、全てにわたって深みが無く、自分自身を見失ってしまう恐れがあります。

一業にのみ能力が出る人なので、一本に絞って努力してください。

もともと所有する名人芸・職人芸など能力の源泉である凝り性の質を活かす生き方にシフトチェンジしてください。

この干支番号は、次期中国の指導者 習近平氏も持っています。

 

2012-10-26 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です