セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(51日目)

算命学10分レッスン(51日目)

 

干支番号45番 戊申(ぼどのさる)

 

戊申を自然界に例えると、地支申の中に含まれるエネルギーが、天干戊にとってバランスが良く、平和で平穏な命式であり、実りをもたらす田畑のある広大な平地に、外敵を阻むために構築されたやっかいな要塞のような人です。

この命式を日柱に持つ人の性情は、考え方に偏りがなく、公平でフラットな心の持ち主ですが、現実に逆らわない行動と対応を上手にして行くので、周りからは変わり身が早く計算高い人と見られているようです。

一見風見鶏のようですが、実は強い信念を持って動く人で、物事の本質を見極めてまとめることが上手く、まとめ役として活躍するようになります。

争いごとには直接加わらず、最後に上手く纏め上げ解決するように動きます。

人生を急がず、周りをじっくりと見回し、時代と運勢にうまく乗って行きます。

それでいて、強いものに組せず、弱者にも付かず離れず、クールな見かけ旨として生きるのが良く、頭の良さとそのクールさから争いごとの解決のための知恵者として、社会の調停役としての役割を担うのも良い生き方です。

人間社会の平和を守り人々を様々なトラブルから守る役目を負っている人です。

言い換えれば、平和な社会に侵入してくる敵を阻止する、堅牢な要塞のような役割をする人なのです。

 

2013-03-08 創喜