セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(58日目)

算命学10分レッスン(58日目)

 

干支番号52番 乙卯(おつぼくのう)

 

乙卯を自然界に例えると、天干が陰の木質=乙で草木を、地支が卯の木質で地にしっかりと張った根を表し、これだけで形が整っています。

乙は草や蔦などの柔らかな木を意味し、倒されても踏まれても元に戻ることができるしなやかさを持っています。

これを人間に例えてみますと、強いものについたり、勢いのあるものについたり、人に迎合しやすい人ということができますが、決して本心からではの行動ではありません。

この日柱を持つ人の性情は、表の顔と同様に人間性が柔らかく明るい性格で、人間関係を重視するため、人付き合いも良い人です。

内面は、意外に用心深くしっかりしていて、今現在を大切に生きていきますので、人生の浪が少なく、動きも安定し運の上下があまりありません。

身内思いの質が強いことも特徴です。

また、この日生まれの人は、男女で性格に違いが出ます。

男性の場合、内面は頑固ですが表面的には柔らかく、協調性を出して行きます。

女性の場合は、鼻っ柱が強く虚勢を張る人になったり、気の強い家庭の主婦になったりします。

比較的堅実で目立たない人生を歩みますので、若いときに頭角を現すようなことは無く、実力もだせません。しかし、一生懸命頑張る人です。

力量も大きく、現実の力もありますが、女性的な強さであるため、組織や集団のまとめ役として、長の補佐的な役割を果たすことで運が伸びます。

世の中のためや、人のためにボランティア活動をすることも合っているでしょう。

ラッキーカラーは、赤です。

 

2013-04-05 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です