セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(74日目)

算命学10分レッスン(74日目)

 

天中殺のメカニズム

 

人を表す記号として、肉体が干、時間が支ということを考え出したのが、東洋哲学の偉大なところです。

しかし、空間(肉体)を表す記号が、10コ(十干)であるのに対し、時間を表す記号が12コ(12支)あります。

現在を生きている人は、干という空間を占有し、支という時間の制限を受けて生命を維持しています。

人間というエネルギー体は、干支で表されているのです。

時間(支)の上に、空間を占有する肉体(干)が乗っているのが、生身の人間というわけです。

支の上に乗った干は、干と支を組み合わせて作られます。

甲子、乙丑・・・・・というようにです。

しかし、ここでちょっと考えてみてください。

十干と十二支を順に組み合わせて行くと、支が2つ余ってしまいます。

例)

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

 

上記のように時間の記号である戌・亥が余ってしまいます。

しかし、肉体を持つ人間にとって、時間だけが流れて行くことはありえませんので、戌・亥の上には干を詰めて行くことになります。

便宜的に詰められた干と支は、お互いが不自然な関係ですから、これを不自然融合と言います。

例)のような作業を6回続けると、各並びには不自然な融合が必ず2つづつ出来てしまいます。

このようにして出来上がった6つの並びが、それぞれ天中殺といわれるものです。

 

干支番号1~10  戌亥天中殺

11~20 申酉天中殺

21~30 午未天中殺

31~40 辰巳天中殺

40~50 寅卯天中殺

51~60 子丑天中殺

 

天中殺は、空間が無くなる時間範囲ということで、人の人生にとって極めて大切な考え方です。

仏教や四柱推命などは、天中殺を空亡という言い方をしていますが、同じものです。

天中殺にはこのような理論的背景がありますので、決して恐ろしいものではありません。

また、占い師の方たちは、何か驚かそうとするのか、好んで不吉な言葉を使います。

大殺界などというおどろおどろしい言葉です。

心配いりません。天中殺という言葉も、殺という漢字が何か不吉さを感じさせるのですが、人生の深呼吸時期だと考え、ことさら重大に思わないことです。

深呼吸は次なる攻撃に備えて、息を整える時期ですから、当然アグレッシブな行動はできません。

次回から、天中殺について深く掘り下げて行きます。

 

2013-06-02 創喜