セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(88日目)

算命学10分レッスン(88日目)

 

土用生まれ(1月=丑月・4月=辰月・6月=未月・10月=戌月)の人の体質

 

土用生まれの木多

太りやすいが、胃や腸などの消化器系が弱い。

人生の速度は遅く、人生が稼動したときには病気にかかりやすい。

 

土用生まれの火多

皮膚に難点があり、耐久性は弱い。

脾臓、膵臓から病気が起こってくる。

人生の途中で挫折するとき、原因は脾臓、あるいは膵臓の病気である。

 

土用生まれの土多

身長が伸びにくく、太りやすい。

頑強で持久力、耐久力に優れている。

手足が丈夫で、活動力がある。中年以降血液が固まる(狭心症・心筋梗塞・脳梗塞など)病気、あるいは細胞が固まる(癌)病気になりやすい。

 

土用生まれの金多

瞬間的にエネルギーを燃焼させるので、普段の体温はやや低め。

内臓が丈夫で、血圧が安定しているため、酒には強い。

身体は大型になりにくく、やや冷え性気味。

仕事に生き甲斐を見つける人で、行動している時のほうが安定している。

神経性の部分に弱点が出る。

 

土用生まれの水多

精神的なことが原因で、小さな病気を起こしやすいが、健康には用心深い。

小腸、大腸、排泄器官にもろさが出る。

肉体そのものは強いが、末端が弱い。

冷え性である。

 

自分が自覚しにくい体質の特徴ですから、普段から予防的な措置を講じることが重要です。

予防的措置とは、一般的な生活習慣病の予防というよりは、算命学的な五行エネルギー論を用いた予防です。

 

2013-07-04 創喜