セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その4

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その4

 

格法

 

2、偏官格

格入りの条件

1、主星が車キ星の人(車キ星複数も可)

2、鳳格星か調舒星があること。

3、鳳閣星か調舒星が無いと、乱暴者、ヤクザ者になりやすい。

(28元から鳳閣星か調舒星が出れば大丈夫)

 

例)

車キ星

 

禄存星  車キ星  龍高星

 

鳳閣星

 

この格の入格者は、日干が庚で身強の人が最も強く出ます。

刑・冲・害も影響は、正官格より弱く成りますが、月支に刑・冲・害が出る場合は、偏官格の現象が強く出過ぎるため、命が危うくなります。

加えて、大運天中殺が廻っていれば、格の稼動が最高になり命を失いやすくなります。

 

★後天運で鳳閣星・調舒星が干合されると、極端に運が悪くなります。

★後天運で車キ星・牽牛星が廻るとき運が崩れてしまい、極貧になるか命を落すかのどちらかになります。

その上に、天中殺となった場合、救いようの無い運気となってしまいます。

★身弱の人で、後天運の大運・年運・月運の全てが車キ星・牽牛星となった場合、その時期には死ぬほどの苦労をします。

 

もしも、この格の入格者が相談者にいらしゃったら、破格するようなエネルギーで早急に改善するようにアドバイスしてください。

 

2013-07-14 創喜