セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その8

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その8

 

6、食禄神格

(食神格)

 

入格の条件

1、主星が鳳閣星の人。

2、月支に刑・冲・支合・半会がないこと。

3、月支が冲動の場合は、梟神格になりますが、龍高星が無いと入格しない。

 

例)

○○星

 

○○星   鳳閣星  ○○星

 

○○星

 

この格の入格者は、食べることと財には困りません。

梟神格になると、食神格の要素が最も強くなりますが、冲動がないと食神格の要素が薄くなる倒食神格となります。

梟神格の人は、大変頭が良いのですが一代限りのもので、子孫には伝わりません。

前世の徳を一代限りで使い果たしてしまいますので、学者や発明家などに向いています。

 

☆大運で、禄存星・司禄星が廻ると才能が発揮でき、運が上がります。

☆大運で、鳳閣星・調舒星が廻ると、運が崩れます。

☆倒食神格の人は、多くを集めて多くを失います。

冲動に会うことが最悪となりますが、対運で禄存星・司禄星が廻ると吉になります。

また、鳳閣星・調舒星が廻っても運は崩れません。

☆食神格の人で、中年期に天禄星の出る人は、食神同宮格といい食神格の要素が強くなるため、人生を悠々と過ごす人になります。

☆鳳閣星を生む星、すなわち日干と呼応し鳳閣星となる干から、大運の支を見て天庫星になる場合、食禄入墓格といい、消化器官の病気を発症し食べることが困難な状態にになります。

この格の人が、天中殺と重なっていた場合、食道癌や胃癌などを発症しても手術をしてはいけません。

事前の検査を頻繁に行い、早め早めに予防するか、断食療法など手術でない治療法をするようにしてください。

☆食神格の人で、月柱に天中殺のある人は、食神天中殺格といい、医者や宗教家として成功します。

☆食神格の人で、玉堂星・龍高星・天将星のある人は、忙しくあちこちを飛び回る東奔西走の人生となります。

 

特注:食禄入墓格の人から鑑定を依頼された鑑定師の方は、その方に、少なくとも半年に一度(年に一度ではありません)は、消化器官の検査を受けるようにアドバイスしてあげてください。

 

2013-07-18 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です