セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その9

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その9

 

7、傷官格

入格の条件

1、主星が調舒星の人。

2、月支に冲・支合・半会がないこと。

3、生月天中殺がないこと。

 

例)

○○星

 

○○星   調舒星  ○○星

 

○○星

 

この格は、削り尽くす格と言われ、全てを燃やし尽くし燃え尽きる格です。

この格の入格者は、貧しい家から身を起こして成功し、藏が建ちますが、豊かな家庭に生まれ育つと、何も残らない人生になってしまいます。

他に、禄存星・司禄星・玉堂星があることが、この格の最上格です。

 

☆後天運で禄存星・司禄星が廻るとき、身強の人は運を上げます。

見弱の人の運気上昇は、玉堂星が廻るときです。

☆大運で、車キ星・牽牛星が廻ると、命に関わる凶運となります。

☆傷官格と従生格(これから従化5格の項で習います)は、似た現象が現れる格なので、注意して区別してください。

また、この両方に入格する人もいます。

 

2013-07-19 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です