セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その13

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その13

(前回のレッスンがその11ですが、先生の勘違により12を飛ばしてしまっています。内容はつながっておりますのでご安心ください。)

 

3、従官格

入格の条件

日干が他の干支全てから剋される形。

 

例1)

日   月   年

柱   柱   柱

 

庚   丙   丁

 

午   午   巳

 

庚は午、丙、巳から剋される。

 

例2)

 

日   月   年

柱   柱   柱

 

甲   辛   庚

 

申   巳   申

 

月支の巳と年支の申は、支合で金質に変化。

すると、日干甲は他の全ての干支から剋される。

 

この格の入格者の陽占人体星図には、車キ星か牽牛星があります。

 

この格の入格者は、命を捨ててでも大儀名分に従います。

集団・組織に従い、名誉名声が得られる軍人や武官の最高位です。

もともと名誉欲は強いのですが、自ら進んで名誉・名声を得ようとする場合従殺格と言い、単独行動では失敗に終わります。

 

☆後天運で、車キ星・牽牛星・龍高星・玉堂星が廻ると、運が上がります。

☆後天運で、禄存星・司禄星・貫索星・石門星が廻ると、運が崩れます。

 

2013-07-24 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です