セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その15

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その15

 

5、殺印相生格

(官印格)

 

入格の条件

日干が他の1つの干支から生ぜられ、その干支は他の全てから生ぜられる。

しかし日干は、他の全ての干支から剋される。

 

例1)

日   月   年

柱   柱   柱

 

癸   辛   己

 

丑   未   丑

 

日干癸は、月干の辛から生じられています。

そして、日干を生じる月干辛は、他の干支全てから土生金で生じられています。

しかし日干癸は、月干以外の干と支全てから、土剋水と剋されています。

 

例2)

日   月   年

柱   柱   柱

 

甲   庚   辛

 

申   子   酉

 

日干甲は、月支の子から生じられています。

そして、その月支子は、他の全ての干と支から生じらています。

しかし日干甲は、月支子を生じる全ての干と支から、金剋木と剋されています。

 

この格の入格者の陽占には、車キ星または牽牛星の他に、龍高星または玉堂星があります。

 

この格の入格者は、自分の努力で名誉・名声が得られます。

また、いつも従的に行動することで、伸びる度合いが増します。

従的にとは、補佐的と考えると良いでしょう。

主体的な考えで行動するのではなく、誰かの命令とか誰かの発案などに従って行動するということです。

 

☆後天運で車キ星・牽牛星・龍高星・玉堂星が廻ると、運が伸びます。

☆後天運で禄存星・司禄星・鳳閣星・調舒星・貫索星・石門星が廻ると、運が崩れます。

 

これで従化五格は終わりました。

次からは、雑気格(7格)を勉強します。

 

2013-07-27 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です