セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その39

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その39

 

8)生処集格

 

入格の条件

陰占命式の日支が天貴星で、天干に玉堂星が出、年干か月干と

日支の間に7点以上のエネルギーを持った星が生まれる人。

 

例)

日  月  年         玉堂星  ○

柱  柱  柱

○    ○    ○

壬  A  辛

申  ○  ○   天貴星   ○    ○

 

壬辛=玉堂星

辛申=天将星12点または、申とA=7点以上の星

 

この格の入格者は運勢が強くなり、女性は夫を助け自分を幸せにします。

しかし、助けられた夫から見ると、妻に自分の運勢を押さえられたような

感じがします。

後天運で日干が干合されたり、日支が冲動にあったりするとき、地獄に落ち

るように、運気が一気に落ち込みます。

 

2013-08-25 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です