セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その43

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その43
(前回のレッスンがその39ですが、先生の勘違により40・41・42を飛ばしてしまっています。内容はつながっておりますのでご安心ください。)

 

緊急鑑定

しばらく勉強ばかりでしたので、一息いれて、実際の鑑定の実践をしてみましょう。

 

今日のニュースで、坂東三津五郎さんが、膵臓に腫瘍が見つかったために、しばらく休養するとのことです。

 

三津五郎さんの生年月日は、1956年1月23日。命式は、

 

陰占

 

日  月  年          車キ星   ○

柱  柱  柱

己  己  乙     貫索星 貫索星  貫索星

丑  丑  未

己  己  己     天庫星 貫索星  天庫星

辛  辛  乙

癸  癸  丁

 

26   26  32

 

大運  6歳才 16才 26才 36才 46才 56才 66才 76才

戊子  丁亥  丙戌 乙酉 甲申  癸未  壬午 辛巳

 

彼は、大運6順目に入ったところで、病気が発覚したというわけです。

大運癸未は、日柱・月柱の己丑と天剋地冲です。

大運6順目は、人生の節目ですから、上手に乗り越えてもらいたいものです。

未のエネルギーは土質ですから、丑未の冲は、冲の中では軽く済みます。

しかし、冲は冲なので改善策を講じないと、6順目の峠を越えられないことも考えられます。

特に、彼の陽占には、天庫星が2つありますので、細心の注意が必要です。

これ以上詳しいことは書けませんが、皆さんは、大運6順目を上手に乗り越えることが大切(特に入る時と出る時)だということを覚えておいてください。そして、これからの鑑定に役立ててくださいね。

 

2013-08-26 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です