セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その44

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その44

 

11)専印合禄格

入格の条件

陰占命式の日柱の干が『癸』で、月柱『庚申』の人が入格します。

ただし、陰占命式で、冲や害・刑がある場合は、入格しません。

 

例)                入格しない例)

日  月  年         日  月  年

柱  柱  柱         柱  柱  柱

 

癸  庚  ○         癸  庚  甲

○  申  ○         ○  申  寅

 

申・寅=冲・刑

 

この格の入格者は、若いときには苦労が多いのですが、晩年になって成功します。

運勢は粘り強く、長寿の人です。

 

☆大運で、刑・冲・害が廻る時、最凶運になります。

☆大運で、丙・丁の火質または戊・己の土質が廻る時は、凶運となります。

☆後天運で、寅が2つ廻る時、二重冲動になり、座して天命を待つという状態になります。座して天命を待つとは、病気をしてもすぐには死ねず、結果として五年十年の長患いになってしまうということです。

 

2013-08-27 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です