セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その45

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その45

 

12)干合支刑格

入格の条件

陰占命式の日柱が干合し、その支が刑の関係になる人が入格します。

ただし、日干は陽干に限り、陰干は準格とします。

 

例)              準格の例)

日  月  年      日  月  年

柱  柱  柱      柱  柱  柱

 

甲  ○  己      己  甲  ○

子  ○  卯      卯  子  ○

 

甲己=干合       甲己=干合

子卯=刑         子卯=刑

 

この格の入格者は、色事の因縁を背負わされているため、派手な生活を送ったり、酒色に溺れたりします。

先祖や親が成功して隆盛な家運を、自分の代一代で潰してしまいます。

色事とは、女性の場合、男性に溺れ身を滅ぼし、男性の場合は、女性で身を滅ぼすことを言います。

 

☆後天運で入格する場合、第一線から引退したほうが、現象が軽くなります。

☆宿命で入格している場合は、社会の表に出ることを止め、世の中の裏側に身を置くことで、現象が軽くなりますが、刑の現象だけはそのまま出てしまいます。

☆後天運で入格するときの結婚は、避けてください。

 

2013-08-29 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です