セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その47

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その47

 

14)子午双連格

入格の条件

陰占命式の日干と他の天干が陰陽または陽陰となり、

その陰陽となった天干の十二支が支合となっていること。

 

例)

日  月  年      日  月  年

柱  柱  柱      柱  柱  柱

 

乙  甲  ○      甲  ○  乙

丑  子  ○      子  ○  丑

 

子丑=支合

 

この格の入格者は、家族一体となって家系を盛り上げて行きます。

しかし、一族の誰かが一人でも病気などすると、家族全員の運が狂ったり、一人の失敗が家族全員に大きな影響を与えたりします。

格が冲や刑、害などにより壊される場合は、それまでまとまっていた一家が、ばらばらになってしまいます。

 

2013-08-31  創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です