セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その50

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その50

(前回のレッスンがその48ですが、先生の勘違により49を飛ばしてしまっています。内容はつながっておりますのでご安心ください。)

 

 

17)天干連珠格

入格の条件

陰占命式の天干が、年→月→日と相生関係になっていること。

 

最上格の例)        一般例)

 

日  月  年      日  月  年

柱  柱  柱      柱  柱  柱

 

戊  丙  甲      癸  庚  己

○  ○  ○      ○  ○  ○

 

この格の入格者は、物事を行うときの順序が正しく、始まるべき時に始め、終わるべき時に終わります。

絶体絶命のピンチに立たされても、必ず何か救いのある人です。

 

☆日干を含め、天干すべてが陽の人は、この格の最上格です。

☆日干と他の干支に陰陽が混在している場合は、現象が少し弱くなります。

☆天干が干合に会っている場合は、破格になります。

 

2013-09-03 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です