セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その51

算命学10分レッスン(課外授業・格法)その51

 

18)地支連珠格

入格の条件

陰占命式の十二支が順周りで、年→月→日と連続して繋がっている人が入格します。

一つおきに繋がっている場合や、2つおきに繋がっている場合も、準格扱いにします。

 

例)           準格例1)        準格例2)

日  月  年     日  月  年     日  月  年

柱  柱  柱     柱  柱  柱     柱  柱  柱

 

○  ○  ○     ○  ○  ○     ○  ○  ○

酉  申  未     未  巳  卯     午  卯  子

 

この格の入格者は、願い事が成就しやすく、努力が叶えられます。

言い換えれば、努力しなくては願い事が叶えられない人です。

初代運・基礎作りの人とも言われ、努力すれば将来的に名門と言われるような家系の基を作ります。

 

☆陰占命式の十二支が、日支から逆に生じて(日→月→年)いる場合、架空の家庭を作ります。

その意味は、養子に入り他家を継ぐか、天下りなどで他の組織の重役などの位についたりします。

悪い現象として出る場合は、詐欺師になったり、他人の家屋敷を騙し取ったりします。

 

2013-09-04 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です