セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(課外授業・局法)その1

算命学10分レッスン(課外授業・局法)その1

 

局法

局法は、陽占がその判断材料になります。

そして、幸運を示す局が十一種類、凶運を示す局が十種類、特殊な局が五種類から構成されています。

 

1)幸運局

 

1、鳳蘭局

入局の条件

陽占人体星図と、他の十大主星が全て同じ人。

つまり、人体星図の十大主星が全て同じ人です。

下記の人は、準鳳蘭局となります。

 

●準鳳蘭局

a.人体星図中に、同質の十大主星のみが揃い、

陰陽が混じっている人。

 

例)

石門星

 

貫索星  石門星 貫索星

 

貫索星

 

b.人体星図中の十大主星が、縦線が同質で、

横線に剋線がない人。

 

例)

貫索星

 

玉堂星  貫索星  鳳閣星

 

石門星

 

c.人体星図中の十大主星、横線関係だけが同質の人。

(縦線の剋線は関係ありません)

 

例)

○ 星

 

石門星 貫索星 石門星

 

○ 星

 

この局の入局者は、一代限りの運勢を持ちます。

一代で運を開き、一代で運が終わるということです。

この局の所有者が、どんな地味な生き方をしたとしても、後世に

語り継がれる人物になります。

身弱の人でも、この局に入ると、天将星がある身強の人と同じような

現象になります。

 

☆後天運で吉星が廻れば、運が急上昇して大成します。

☆後天運で、鳳閣星・調舒星・車キ星・牽牛星が廻ると、財を掴みます。

☆後天運で、禄存星・司禄星が廻ると、財を失います。

 

2013-09-18 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です