セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(94日目)12支論その3『寅』

算命学10分レッスン(94日目)12支論その3『寅』

 

総論

寅は陽の木質・東方・青・東風・個人などの意味があります。

寅は、丑の湿度に隠れていた万物が、いよいよ動き出す時間の範囲ですから、物事を始めるという意味があります。

自然界に形としては、樹木です。

また、10干に比定すると『甲』です。

 

1、日柱に寅がある場合

与えられたものを活用し、運用する才能があり、それを基本として自身の人間形成をして行きます。

 

2、月柱に寅がある場合

寅は立春を意味する時間範囲ですが、寒さもまだ残っている季節です。

三陽開泰と言い、丙の暖かい日差しを受けて、万物が栄ます。

 

3、年柱に寅がある場合

年柱に寅がある場合を広谷と言い、東北の山になります。

戊の定位置で、戊が生まれるところであるため、戊から寅を見て、天貴星の入魂の場所となります。

 

次回は『卯』です。

2013-10-20 創喜