セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(104日目)12支を使った占い『位相法』

算命学10分レッスン(104日目)12支を使った占い

 

『位相法』

 

陰占人体星図は、天干と地支、それに28元から成り立っています。

その中で、地支を中心にした占いの技に位相法というものがあり、日柱、月柱、年柱の干支の組み合わせから、いろいろなことが占えます。

自分自身に内在する宇宙エネルギーが、その組み合わせにより、分離条件(対立するエネルギーの内在)か、融合条件(助け合うエネルギーの内在)かをみて宿命を鑑定します。

エネルギーの融合は7種類、分離は6種類あります。

 

エネルギーの融合=陽

1、大三合会局(だいさんごうかいきょく)

2、三合会局(さんごうかいきょく)

3、三位(さんい)

4、大半会(だいはんかい)

5、半会(はんかい)

6、支合(しごう)

7、律音(りっちん)

 

エネルギーの分離=陰

1、破(は)

2、刑(けい)

3、害(がい)

4、冲(ちゅう)

5、納音(なっちん)

6、天剋地冲(てんこくちちゅう)

 

次回は、大三合会局の解説です。

2013-10-30 創喜