セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(110日目)融合条件その6

算命学10分レッスン(110日目)融合条件その6

 

律音(りっちん)

2つの干支が宿命(命式)の中で揃ったものです。

組み合わせは、「日柱と年柱」「日柱と月柱」「月柱と年柱」

の3種類があります。

揃う干支は、例に挙げる『甲子』とは限りませんので、注意

してください。

 

例1)       例2)       例3)

 

日 月 年    日 月 年    日 月 年

柱 柱 柱    柱 柱 柱    柱 柱 柱

 

甲 〇 甲    甲 甲 〇    〇 甲 甲

子 〇 子    子 子 〇    〇 子 子

 

律音(りっちん)の意味

1、日柱と年柱の干支が一致した場合

自分の親と一体となる質が生まれ、親と大変仲の良い命式です。

親離れがしにくく、関係(絆)が強くなります。

 

2、日柱と月柱の干支が一致した場合

自分と家系が一体化している命式です。

生まれた家系と縁が深く、家系の流れから自由に飛び出すことが

難しい命式です。

 

3、月柱と年柱の干支が一致した場合

自分の両親が家系と一体化している命式で、両親が自分の家系を

正統に引き継いでいます。

反面、両親が家系に縛られ、独自の活動ができなかったということ

でもあります。

そのお陰で、家系の流れは安定しており、自分に繋がってきています。

 

補足事項

宿命に律音を持っている人で、天中殺が『寅卯』『申酉』『午未』の人は、

恵まれることが多いようです。

 

次回は、分離条件です。

2013-11-05 創喜