セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(111日目)分離条件その1

算命学10分レッスン(111日目)分離条件その1

1、破(は)法・・・不完全な存在

破は、命式の中の3つの地支のうち、2つが下記の5通りの

組み合わせなる場合を言います。

子・酉  丑・辰  卯・午  未・戌   午・酉

破はそれだけでは現象として表面化せず、心の中の問題として

常に心と一体となり、他の位相法との関係によって現象化します

ので、単独で占いに使うことはしません。

あえて破を単独で占いの対象として答えを出した場合、常に物事

がもう少しで完成するという状態であると言えます。

つまり、宿命に破を持っている人は、「もう少しなのに、もう少しで

完成なのに」と、心が常に葛藤しているような状態であると言えます。

破を宿命中に持っている人は、官僚に害されやすく、役人にいじめら

れたり、不利益な扱いを受けやすいと言われますが、大きな現象に

はなりません。

しかし、他のエネルギーの分離条件と重複した場合、果たす役割が

大きくなってしまい、注意しなければならない状況が生まれてしまいます。

●日柱の地支(日支)と月柱の地支(月支)との間にできる破と、月支と

年支の破は、十大主星で算出される人物に、生涯恨みを持つようになります。

例1)                   例2)

日 月 年                日 月 年

柱 柱 柱                柱 柱 柱

甲 己 〇 子・酉の破の上に    〇 癸 庚 卯・午の破の上に

子 酉 〇 生まれる十大主星    〇 卯 午 生まれる十大主星

子・酉は破・・甲と己から司禄星   卯・午は破・・癸と庚から調舒星

★十大主星が意味する人物

◎貫索星・・・兄・姉・同類・自分  ◎司禄星・・・正妻・女性

◎石門星・・・弟・妹・仲間      ◎車キ星・・・偏夫(正式な夫ではない)男・野人

◎鳳格星・・・子供・女の子・目下  ◎牽牛星・・・正夫・男・貴人

◎調舒星・・・子供・女の子・目下  ◎龍高星・・・偏母(実の母ではない)・叔母

◎禄存星・・・父親・愛人・妾     ◎玉堂星・・・実母・目上・貴人

●宿命中に2つの破(二重破)がある場合、性癖に特殊性が現れます。

例1)          例2)          例3)

日 月 年       日 月 年       日 月 年

柱 柱 柱       柱 柱 柱       柱 柱 柱

〇 〇 〇       〇 〇 〇       〇 〇 〇

子 酉 子       未 戌 戌       卯 卯 午

破 破          破              破

破          破

★二重破を持つ人に現れる現象

◎同性に興味を持つ

・女性の場合・・・レズビアン・おなべ

・男性の場合・・・おかま・ホモセクシャル

上記のような性癖は、一般社会では白眼視されますが、算命学の世界では当たり前のこととしてとらえています。

ただ、算命学がいくら命式通りに生きることを肯定していても、法に触れるような行動を是認しているわけではありません。

大切なことは、このような命式を持つ子供などを育てる時には、罪悪感を持たず、おおらかに性の悩みを相談できる環境を作ってあげることです。

そして、合法的にその性癖を処理するような方向へ導いてあげることです。

決して陰にこもることの無いように、当人の良き理解者になってあげましょう。

注意

破のある人が『刑』や『害』を宿命中に持っていると、その現象が2倍に増幅してしまいます。

詳しい現象については、それぞれ刑、害の項を参考にしてください。

次回は、刑法です。

2013-11-06 創喜