セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(118日目)分離条件その8

算命学10分レッスン(118日目)分離条件その8

害法

1、卯辰(うだつ)の害

宿命中にこの害のある人は、神経痛、胃痙攣などになりやすく

また、脾臓などにも弱点が出やすくなります。

それらを持病として抱える可能性がありますので、注意が必要

です。

後天的に廻った場合(大運・年運・月運)は、その時期には骨や

筋肉、胃腸などの消化器系に問題が起きやすいでしょう。

2、寅巳(とらみ)の害

肝臓や堪能に弱点が出やすいので、皮膚病や胆石、アルコール

中毒・消化器系の病気にかかりやすくなります。

身体に出ない場合は、物事をスタートさせるとき、何かと問題が

が置き、スタートでつまずきやすいという現象が現れます。

この害のある人で、新規に事業などを起こそうとする人は、その

スタートだけは信頼できる人に委ねると良いでしょう。

次回は、丑午の害と子未の害です。

2013-11-14 創喜