セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(120日目)分離条件その10

算命学10分レッスン(120日目)分離条件その10

害法

 

5、亥申(いさる)の害

肺や大腸、精神的な弱さなどに現れる害です。

水分の吸収が悪いので、体力が消耗しやすく、肌が荒れたり、

急に老け込んだりします。

自閉症や蒙古症(精神薄弱)、体重が極端に重い人や軽い人

になったりします。

この害を持っている人で、身体に出ない場合は、詐欺にあったり、

いらないものを衝動買いしたり、何かと無駄な出費をしてしまいます。

後天的に廻ってきた場合には、お金を落したり、なくしたりしやすいの

で、注意してください。

6、戌酉(いぬとり)の害

三焦(さんしょう)の害と呼ばれ、自律神経やホルモン異常、異常性格

者などになりやすく、糖尿病にも注意が必要です。

三焦とは、架空の臓器で、心臓と胃の中間、胃の中心、胃と膀胱の間

にあると仮定される臓器のことです。

また、異常性格者と言っても、精神病ではありません。

かつての首相、鳩山夕起男(漢字が違うかも)のような人です。

つまり、支離滅裂な発言をする人=支離滅裂な考え方をする人です。

次回は、対冲です。

2013-11-16 創喜