セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(122日目)分離条件その12

算命学10分レッスン(122日目)分離条件その12

納音(なっちん)

地支が対冲関係にあり、かつ天干が同じものを納音と

言います。

宿命に納音を持つ人の人生は、生き方が難しくなります。

物事を頭では理解しているのですが、行動がまとまりに

欠けたり、チグハグになったりしてしまいます。

例1)        例2)        例3)

日 月 年    日 月 年     日 月 年

柱 柱 柱    柱 柱 柱     柱 柱 柱

甲 甲 〇    甲 〇 甲     〇 甲 甲

子 午 〇    午 〇 子     〇 子 午

上記命式例は、天干の2つが同一、

その下の地支が対冲関係になっています。

★納音を命式に持つ人に現れる現象

1、日柱と月柱の納音

生地生家との関係が両極端となって現れます。

家系との縁が深くなって現れた場合、自分の夢が家族の

犠牲となり、実行できなかったり、邪魔されたりします。

家系との縁が薄い場合、自分の生きたいように自由に

生きていけます。

2、日柱と年柱の納音

相当に矛盾を抱えた生きかたになります。

外に向けた人間性と、内に向けた人間性が、他人から見

ると全然違って見えます。

3、月柱と年柱の納音

自分の親が家系の流れとうまく行かず、自分の家系が自

分の人生の足を引っ張るようなことになります。

つまり、自分の望む進路が家系のために阻害されたり、自

分の生き方が家系に傷をつけたりします。

家系を頼らず、応援も受けず、独自の人生を切り開く生き方

が自分の人生を延ばします。

全体的な傾向として、用心深い生き方になります。

次回は、天剋地冲です。

2013-11-19 創喜