セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(128日目)十大主星その5

算命学10分レッスン(128日目)十大主星その5

石門星の働き場所

陽占人体星図のどの位置にあるかで意味合いが

少しづつ違います。

1、北方に石門星がある場合

『宗教性』

・ソフトで柔軟

・外交手腕がある

2、中央に石門星がある場合

『集団の守り』

3、南方に石門星がある場合

『和合性』

・人とうまくやって行く

・時代の流れに乗れる

4、東方に石門星がある場合

『社交』

・派手

・人脈が広がる

・人に騙される時がある

5、西方に石門星がある場合

『政治力』

・利益を考えた人脈作り

★石門星が極の星になった場合

友人や仲間と良く話し合い、新しい集団を作り、その集団を

通してお互いの自己を守りあうようにしましょう。

対等な関係の仲間をたくさん持ち、サークルなどを組織する

のもあなたにピッタリな生き方です。

次回は、鳳閣星です。

2013-11-25 創喜