セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(134日目)十大主星その11

算命学10分レッスン(134日目)十大主星その11

禄存星の働き場所

禄存星が陽占人体星図のどこにあるかで、

その意味合いが少し違います。

1、禄存星が北方(上)にある場合

『政治愛』

・愛情に宗教性などの特別意識がある。

2、禄存星が中央(真ん中)にある場合

『自己愛』

・ケチになってはいけません。

 

3、禄存星が南方(下)にある場合

『宗教愛』

・誰にでも愛を発揮する。

・奉仕愛

4、禄存星が東方(向かって右)にある場合

『愛情』

・外の世界に対しての愛情

・異性にも仕事にも惚れやすい。

・相手を過大評価しやすい。

・奉仕的な気質が仕事に出る。

5、禄存星が西方(向かって左)にある場合

『奉仕』

・ほれ込むと、長くその状態が続く。

・やさしさもある。

★禄存星が極星になった場合の意味

物質や人など全てを引き寄せます。

それとともに、因縁をも引き寄せてしまいますので、因縁を消化することがポイントとなります。

正しく因縁を消化するためには、自己を高める努力が必要です。

注意

この星が輝く時、家庭が犠牲になりやすいので、注意が必要です。

次回は、司禄星です。

2013-12-03 創喜