セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(140日目)十大主星その17

算命学10分レッスン(140日目)十大主星その17

牽牛星の働き場所

牽牛星が陽占人体星図のどこにあるかで、少し

意味合いが違います。

1、牽牛星が北方(上)にある場合。

『地位』

・権力、支配、練りに練ったプライド

・名誉名声が得られる

・実よりも名を尊ぶ

2、牽牛星が中央(真ん中)にある場合。

『自尊心』

・東方と正反対の現象で、プライドを意識しない

・人生に対してずるい

3、牽牛星が南方(下)にある場合。

『売名』

・庶民性があり世話好きだが、その好意が

売名と受け取られやすい

4、牽牛星が東方(向かって右)にある場合。

『プライド』

・見せないプライド

・集団の中で目立つが、自分は目立ちたくない

・若いときに無理をしがち

・誤解されやすく、虚飾に写る場合がある

5、牽牛星が西方(向かって左)にある場合。

『名より実』

・東方と正反対の現象で、プライドを意識しない

・人生に対してずるい

★牽牛星が極の星になった場合の意味

用心深い生き方になり、集団や組織に属して、

その中で役割を発揮します。

身を大きな組織に置くことが、矛盾の無い生き方

になります。

次回は、龍高星です。

2013-12-09 創喜