セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(144日目)十大主星その21

算命学10分レッスン(144日目)十大主星その21

玉堂星の働き場所

玉堂星は、人体星図のどこにあるかで、

その働きが少しずつ違います。

1、玉堂星が陽占人体星図の北方(上)にある場合

『伝統』

・知恵に勝る謀略家・策略家

・逃げ上手で傷つきにくい

・美男・美女に生まれる

2、玉堂星が陽占人体星図の中央(真ん中)にある場合

『知恵』

3、玉堂星が陽占人体星図の南方(下)にある場合

『アイデア』

・創意工夫が得意

・良く働く

・小学校から中学校まで成績が良い

・美男・美女に生まれる

4、玉堂星が陽占人体星図の東方(向かって右)にある場合

『若年寄』

・内面に情熱を持つが、若いわりには行動力に欠ける

・年のわりには若く見えない

5、玉堂星が陽占人体星図の西方(向かって左)にある場合

『知恵』

・老いた知恵の発揮で、老獪さ、ずるさなど

・少し暗い知恵の発揮

★玉堂星が極の星になった場合の意味

知恵で自立する。

人に対する影響力は本人の思考力であり、人を知恵で

支えます。

今回で十大主星のざっとした意味合いの見方は完了です。

次回は、組み合わせの悪い十大主星の改善方法です。

2013-12-14 創喜