セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(145日目)十大主星その22

算命学10分レッスン(145日目)十大主星その22

組み合わせの悪い十大主星の改善

十大主星が他の十大主星と出会い、変化する状態を十大主星の二連変化と言います。

この理論自体の解説は別の機会に譲りますが、ここでは、運勢に厳しく影響する十大主星の組み合わせと、その改善方法についてのみ述べておきます。

十大主星の要素には、五行論からくる相生関係と相剋関係、陰陽論からくる和合と反発の関係があります。

十大主星同士の関係

<五行関係>             <陰陽の関係>

・相生関係                ・和合関係

星ーーー→星              陽ーーー→陰

星←ーーー星              陰←ーーー陽

・相剋関係 =七殺の組み合わせ=・反発関係

星ーー×→星              陽←ー×ー陽

星←ー×ー星              陰←ー×ー陰

七殺の組み合わせ

上記十大主星の組み合わせのうち、相剋関係でかつ反発の関係の組み合わせを「七殺」と言い、この組み合わせを人体星図の中に持っていると、大変苦労の多い人生行程を歩むことになります。

この苦労は、乗り越えることで人間性の向上につながるとも考えられますが、乗り越える時の苦労が大変です。

仲介星(通干支)

算命学は、このような有りがたくない宿命がある場合、その改善策が存在するのが特徴で、相生相剋論によりお互いの星が激しくぶつかり合うエネルギーを和らげ、人生行程を少しでも楽なものにできるのです。

この技法は、算命学では「通干支」と呼ばれますが、わかりやすいようにけんかしている星と星を和合させる「仲介星」と呼ぶことにします。

仲介星の役割

十大主星は、人間に内在するエネルギーが人間の肉体を通して、社会にどのような現象となって発揮されるかという、そのエネルギーと現象を記号化したものでした。

その内在するエネルギーがお互いに反発しあっていては、当人の精神状態が大変です。

そこで、人間社会と同じように、仲介役を置くのです。

人間社会では、2人の関係がこじれた場合、仲介者が中に入って話しをまとめるということがよくあります。

どちらとも仲の良い関係の人物仲を取り持つのですが、五行の世界でもこれらと同じように、剋す関係にある質と質の仲立ちをして、その関係をスムーズにする技法を用います。

例)

木質の星ーー×ー→土質の星

この中間に火質の星を介在させます。

木質の星→火質の星→土質の星

具体的には、火質の人を友人にするとか、赤いものを身にまとうとか、火質を取り入れることで改善を図ります。

七殺の組み合わせ

1、貫索星ー×→禄存星

・禄存星的な生き方をしたほうが良く、財運が高くなる。

この組み合わせは、現実面で最も苦労する。

仲介星は、鳳閣星または調舒星

2、石門星ー×→司禄星

・家庭破りの星と言われ、外に出て行きたがるので、

女性がこの組み合わせを持つと、家庭が不安定になる。

仲介星は、鳳閣星または調舒星

3、車キ星ー×→貫索星

・生き方に困難がともない、人生行程で難関が多く、

生活で苦労の多い人。

仲介星は、龍高星または玉堂星

4、牽牛星ー×→石門星

・社会生活の中で、縦社会と横社会の矛盾を最大限

に自己の中に抱え、両要素が半減してしまい、自分

らしくない生き方になる。

仲介星は、龍高星または玉堂星

5、禄存星ー×→龍高星

・改革と愛のためには手段を選ばず、破壊行為さえも

容認するため、危険人物になる可能性がある。

仲介星は、車キ星または牽牛星

6、司禄星ー×→玉堂星

・限定された範囲の動きに留まり、決して現実の世界

から出ることはないので、あまり心配する必要は無い。

仲介星は、車キ星または牽牛星

7、鳳閣星ー×→車キ星

・現実世界の星を精神世界の星が剋すため、どちらも

現象が弱くなる。

活発に動けば財を得るが短命。

仲介星は、禄存星または司禄星

8、調舒星ー×→牽牛星

・女性は財力で勝負し、男性は力で勝負する。

いつも喧嘩をしているような状態で、野人的な性情になる。

仲介星は、禄存星または司禄星

9、龍高星ー×→鳳閣星

・精神の世界での最大の激突となり、自己矛盾・内面の

葛藤が大きく、精神の休息がない。短命。

仲介星は、貫索星または石門星

10、玉堂星ー×→調舒星

・知恵と星と孤独の星の激突となり、精神面をやられやすい。

激昂しやすい人。

仲介星は、貫索星または石門星

次回は、十二大従星です。

2013-12-16 創喜