セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(148日目)十二大従星その3

算命学10分レッスン(148日目)十二大従星その3

天報星の働き場所

1、天報星が初年期(0才~25才位まで)に出る場合

・現在の状況をあまり深く考えもせず、いつの間にか

両親の影響を大きく受けています。

両親の存在が重要です。

心の変化を理解してくれる人が少ないので、ストレス

がたまります。

大物か小物のどちらかになります。

2、天報星が中年期(25才~55才位まで)に出る場合

・人生の途中で運命が急変します。

突然竜巻に巻き上げられるように、運が本人の意思

とは関係なく急上昇しますが、必ず急激な下降が伴い

ます。

何らかの変化をする中年期は、波乱となり翻弄されます。

波乱を楽しむのも、一つの回避索です。

3、天報星が老年期(56才以降)に出る場合

・現実的な生活に対し、アンバランスな現象が現れます。

厄介なのは、そのアンバランスな現象が周りを巻き込んで

起こることです。

つまり、仕事が順調なら、家族に病人が出る。また、その

逆の現象です。

わき目も振らず一業に専念することで、安定が得られます。

次回は、天印星の世界です。

2013-12-19 創喜