セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(164日目)十二大従星その18

算命学10分レッスン(164日目)十二大従星その18

天胡(こ)星の世界

この星世界は、人間の一生で言うと死の床に着き、人生の終焉を迎えた老人の時期に当たります。

肉体は衰弱し、病に侵されて自由に動き回ることができなくなっているのですが、心は過去や未来を自由に行き来し、空しさを増しています。

現実に生きている意識があるのですが、それが夢のような無意識の世界に近いのです。

肉体はまだ現実の世界にあるのですが、心は精神世界に入ろうとして、現実世界から逃げ出そうとします。

しかし、生きた肉体はそれを許さず、心は再び現実世界へ引き戻されてしまいます。

夢と現実の狭間をさ迷うことが、最大の苦しみなのですが、自分の肉体で自分の精神をいじめることで、エネルギーの消化をします。

これが天胡星の特色でも有り、一般的にみると危険な性情に成りえるのです。

なぜなら、天胡星を持った人が何かに追い詰められ、自分の人生にとって危機と感じると、死ぬことで永遠に生きようと考え、自殺をも辞さない行動に出るのです。

行動のパターンは実に直線的な単純さで、すべてが美意識に基づき、現実の世界の全て、自分の死までも美でなければならないのです。

しかし、心の中の思考は、十二従星の中でも一番複雑で、周りのものからは伺いしれません。

ロマンティストで利害を好まず、精神世界にあこがれ、芸術や宗教の世界を好みます。

神経が研ぎ澄まされているので、感受性が強く、霊感とは違う現実に即した直感力持っています。

肉体にはアンバランスな強すぎるエネルギーを今だに持っており、それが肉体を陵駕してしまうため、肉体の弱さになって顕れます。

孤独な中で芸術を楽しみ、無の世界へのあこがれ、完全主義者として夢の完璧な実現に全力を傾注します。

この夢が破れたとき、死を選ぶ場合がありますので、注意が必要です。

<一般的な天胡星の性情>

天胡星が陽に働いた場合・・・ロマンティスト・直感力

天胡星が陰に働いた場合・・・自意識が強い・現実的

次回は、天胡星の働き場所です。

2014-01-16 創喜