セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(167日目)十二大従星その21

算命学10分レッスン(167日目)十二大従星その21

天極星の働き場所

天極星が人体星図のどこにあるかで、その意味合いが少し違います。

1、初年期に天極星がある場合

体があまり丈夫ではありません。

自我がなく周りの環境に影響されやすく、全てにおいて不安定な

面が現れます。

人の意見に逆らわないので、素直と見られたり、要領の良い子

と見られたりします。

親との間の運がチグハグになります。

親のしつけが肝心です。

2、中年期に天極星がある場合

中落ち運と言って、人生の途中で運が落ち込みます。

男性・・・仕事運が落ちます。

女性・・・家庭崩壊が起きます。

未婚者や子供が女の子ばかりの場合は、現象がはっきりと

出ません。

男女ともに核家族に現象が出やすいので、祖父母との同居が

回避策となります。

3、老年期に天極星がある場合

憎まれない年寄りになり、死ぬべき時に死にます。

配偶者が短命(50才前後)になりやすく、もし短命で無い場合は、

全く心が通じない夫婦となります。

子供が仲を取り持ちますので、子供との同居が可能なら、そうする

ことをお勧めします。

次回は、天庫星の世界です。

2014-01-20 創喜