セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(169日目)十二大従星その23

算命学10分レッスン(169日目)十二大従星その23

天庫星の働き場所

人体星図のどこに天庫星があるかで、その意味合いが少し違います。

1、初年期に天庫星がある場合

長男長女の雰囲気を持った、しっかりした子です。

現実よりも精神性が強く、人生に夢を持ちません。

凝り性で努力家となり、自尊心やプライド、ある種の特別意識を持ちます。

分析が上手で、クールな観察力を身につけています。

●中年期にも天庫星が続いて出た場合、5才までに命の危険があるか、

仕事がだめになるかします。

2、中年期に天庫星がある場合

家庭思いの人、友人知人を大切にする人です。

有形のものよりも、無形のものに関心を持ち、奉仕的な生き方で心の

バランスを保ちます。

長男長女としての自覚が出て、墓守を意識するようになります。

粘り強い性格です。

3、老年期に天庫星がある場合

一族の中心的な人物になります。

長男長女の役割に目覚めます。

集中力が出て学者的になり、ものの見方や行動も大局的なものになります。

社会に奉仕しようという意識が強くなり、自分が恩義を感じている組織や

団体に、大局的な見地からの恩返しをします。

晩年は動きが少なく、安定します。

人に世話されることを嫌います。

次回は、天馳星の世界です。

2014-01-22 創喜