セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(171日目)十大主星その25

算命学10分レッスン(171日目)十大主星その25

天馳星の働き場所

天馳星が人体星図のどこにあるかで、その意味合いが違います。

1、天馳星が初年期にある場合

せわしなく動き回る子で、怪我が多く、生傷の絶えない子です。

親の運気とのシーソーゲームになりやすく、親の運気の良いときは

本人が運気を伸ばせませんが、その反対の場合もあります。

男の子ならスポーツをやらせると良いでしょう。

2、天馳星が中年期にある場合

中落ち運といい、運が下がります。

男性・・・仕事運が落ち込みます。

時には家庭の崩壊が起こります。

女性・・・家庭崩壊が起こります。

男女とも一つのことをしようとすると、苦しくなりますので、

二つ以上のことを同時に実行することで良いでしょう。

3、天馳星が老年期にある場合

動き回るせわしない晩年を送ります。

配偶者を早く亡くすか、そうでなければ配偶者と意志の疎通が

できなくなります。

子供が独立して出て行くと、孤独感が深まり、ますます動き回る

ようになります。

これで十二大従星の各論解説は終了ですが、次回は、十二大従星の

ポイント(点数)について解説します。

2014-01-24 創喜