セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(176日目)十大主星の二連変化その4

算命学10分レッスン(176日目)十大主星の二連変化その4

貫索星と鳳閣星

鳳閣星は陽の伝達本能です。

木生火の相生関係で、貫索星から生じられますので、貫索星にとっては洩気(えいき=気がもれること)となりますが、陽同士の反発もあります。

表面は鳳閣星の気質ですが、貫索星がしっかりと支えています。

そのため、表向きは自然主義、中庸思想、偏りの無い人に見えますが、反面、自分なりの人生観、積み重ねた人生哲学を持っています。

貫索星は頑固な質であり、時代の流れに自分を合わせることが下手ですが、鳳閣星の質が加わるので、ある程度は解消されます。

表面は温和、内面には頑固さを持ち、精神的なストレスが無く、長命になります。

次回は、貫索星と調舒星です。

2014-01-29 創喜