セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(186日目)十二大従星の二連変化その14

算命学10分レッスン(186日目)十二大従星の二連変化その14

 

石門星と調舒星

調舒星は陰の伝達本能です。

木生火の相生関係で石門星から生じられるのですが、陰同士の反発もあります。

集団に属しながら、孤独の状態を作り上げています。

その結果、集団のメンバーと自分は違う人間だ、という自尊心(プライド)が出来上がってしまいます。

石門星のエネルギーが後から廻ってくると、心情的には孤独の枠を越え、集団のことを考えたり思ったりするようになります。

そのため、集団の中での指導者やアドバイザーになります。

 

次回は、石門星と禄存星です。

2014-02-08 創喜