セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(199日目)十大主星の二連変化その27

命学10分レッスン(199日目)十大主星の二連変化その27

 

鳳閣星と龍高星

龍高星は陽の習得本能です。

水剋火と相剋関係で龍高星に剋され、陽同士の反発もあります。

精神世界同士の星の最大の激突で、最大の情熱家にもあります。

精神の未来と精神の結果における激突で、内面の葛藤が最大となります。

自己矛盾が大きく、精神が休まる時もなく、エネルギーを激しく消耗しますので、一般的に短命と言えます。

内面の激しい激突が、精神の向上をもたらすこともあります。

しかし、貫索星・石門星があれば、エネルギーの燃焼が普通の人と同じ速度になり、人生を休みをとりながら進むことができますので、短命から逃れることもできます。

 

次回は、鳳閣星と玉堂星です。

2014-02-21 創喜