セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(208日目)十大主星の二連変化その36

算命学10分レッスン(208日目)十大主星の二連変化その36

 

禄存星と禄存星

禄存星は陽の引力本能です。

土質=土質と同質で比和の関係にsり、陽同士の反発もあり、貫索星の質も加わります。

愛情や財産問題などに関し、意地っ張りになります。

特にこの組み合わせは、八門法の理由から貫索星的要素が強くなります。

禄存星の重複は貫索星一つを生みますが、この貫索星は本来の貫索星よりは人間的な信用があり、集団行動もできます。

貫索星は単独の守りで、頑固に一人で守る質ですが、禄存星は中央が低位置であり、大きな愛情を発揮しその場その場でうまく対処して行きます。

 

次回は、禄存星と司禄星です。

2014-03-02  創喜