セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(212日目)十大主星の二連変化その40

算命学10分レッスン(212日目)十大主星の二連変化その40

 

禄存星と龍高星

龍高星は陽の習得本能です。

土剋水と相剋関係で龍高星を剋し、陽同士の反発もあります。

愛情奉仕の星と、改良改革の星は激しく衝突します。

目的は時として愛のためであったり、改革のためであったりしますが、愛のためならばどんな破壊行為も許される、といった確信からくる改良改革の手段は、恐ろしいほどです。

「どんな手段ででも改革する。改良改革すればそれが愛である」といった心情です。

もしこの組み合わせウを持つ人が外科医ならば、最高の組み合わせで人助けとなりますが、行き過ぎると危険です。

例えば、医者が患者のために、助かる望みのない患者の臓器を取り出して、自分の患者に移植したりしてしまいます。

そのため、この組み合わせを持つ人は、特に意識して倫理とか世の中の常識を根底に、行為を判断しなければ危険な人物となってしまいます。

 

次回は、禄存星と玉堂星です。

2014-03-06 創喜