セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(218日目)十大主星の二連変化その46

算命学10分レッスン(218日目)十大主星の二連変化その46

司禄星と玉堂星

玉堂星は陰の習得本能です。

土剋水と相剋関係で玉堂星を剋しますが、陰同士の反発があります。

陰同士の星は動きが少ないのですが、この組み合わせには動きが出ます。

しかし、範囲は限定されていて、現実世界から出ることはありません。

古典・正当な知恵といった玉堂星の意味は、司禄星に剋されることで、日常生活の知恵に変化し、企画、立案などの創造性となります。

枠の中での活躍ですから、組織の中の企画者としての役割になります。

次回は、車キ星と車キ星です。

2014-03-12 創喜