セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(416日目)夫婦の座型

算命学10分レッスン(416日目)夫婦の座型

 

この占いは、かなり高度の占いに属します。

理解してしまえば理論的には簡単なのですが、いろいろな要素が関係しますので、やや複雑なテクニックを要します。

一度に覚えようとしないで、何回も見直してゆっくり学習してください。

また難しいと思われるので、この占いに限ってコメントでの質問を受け付けますが、回答はブログ上で公にします。

もちろん、匿名・ハンドルネームで構いません。

ただし、質問が多い場合や個人の命式に関わる質問(個人鑑定に順ずる)ものは、お答えできない場合もありますので、ご了承ください。

 

この占いの目的

この占いの目的は、相手が決まっていない場合、良い結婚相手を引き寄せるために使いますが、結婚した後でも2人の関係を確認するためにも使えます。

結婚している夫婦の現実の占いは、この次に詳報します。

(教材をお持ちの方は、18ページ~です)

 

占い方

女性と男性の陰占と陽占を使います。

陰占・・・日柱と月柱の干支

陽占・・・人体星図の西方と中央の星

 

★陰占が融合条件か分離条件かをみます。

・今回は、命式表を使ったほうが分かりやすいので、カップルAさんの命式表を使います。

 

女性)            男性)

日 月 年         日 月 年

柱 柱 柱         柱 柱 柱

庚 辛 〇         丙 己 〇

午 亥 □         申 酉 □

 

女性の陰占

庚午と辛亥は、特別な干支の組み合わせではありませんが、午と亥が対冲関係ですから、分離条件に当たります。

男性の陰占

丙申と己酉は、特別な関係ではありませんが、申と酉は同質で陰陽の違いが有りますが、比和の準じて分離条件と判断します。

 

女性)                     男性)

 

      〇〇星 □□星         〇〇星 □□星

 

玉堂星 禄存星 〇〇星    禄存星 司禄星 〇〇星

 

天恍星 〇〇星 □□星    天胡星 〇〇星 □□星

 

女性の陽占

玉堂星と禄存星は、土剋水ですから、相剋関係の陽占です。

男性の場合

禄存星と司禄星ですから、同質です。同質の場合は、相剋関係と見なします。

 

判定

女性は、陰占が分離条件、陽占が相剋関係ですから、同座型人間と見なします。

男性は、陰占が分離条件、陽占が相剋関係ですから、同座型人間と見なします。

 

<まとめ>

同座型人間

  陰占    陽占

融合条件×相生関係

分離条件×相剋関係

 

違座型人間

  陰占    陽占

融合条件×相剋関係

分離条件×相生関係

 

★夫婦の座型で占う結婚生活

1、融合条件的同座型人間同士のカップル

 

(陰占が融合条件で、陽占が相生関係の組み合わせ同士のカップル)

・結婚生活に波乱が少なく、現実面、精神面のバランスが良い

・お互いに良い影響力が得られる理想的な夫婦となります。

この命式の相手なら結婚はオーケーです。

 

2、分離条件的同座型人間同士のカップル

(陰占が分離条件で、陽占が相剋関係の組み合わせ同士のカップル)

・結婚生活に波乱が多く、冷たい関係の夫婦になり、離婚しやすい。

・どちらかの体が丈夫(身強)で、もう一人の体が弱い(見弱)とか、夫婦の年齢さが大きいなど、夫婦間で何かがアンバランスな場合には離婚しにくくなります。

この命式の相手との結婚は見送ったほうが良さそうです。

 

3、上記以外の組み合わせのカップルは、この占いについては結婚に特に問題はありません。

 

注意

身強、見弱は現実的な見かけの判断ではありません。

十二大従星からの判断で、晩年期に出る十二大従星を使います。

過去ブログでご確認ください。

サンプルのカップルさんの場合、女性の晩年の十二大従星は、天恍星ですから身中です。

身中はこの占いには使いませんので、2の項目は該当しません。

2014-07-28 創喜